長期休みがある方には合宿免許がおすすめ

subpage1

普通自動車・自動二輪車・大型自動車といった自動車運転免許は、一般的に通学か合宿タイプに分かれており、仕事帰りや学校帰りにおすすめなのが通学・2週間以上の連続した休暇が取れる場合におすすめなのが合宿免許となっています。

待望の合宿免許に有効な情報の紹介です。

合宿免許は10代・20代の学生や若者の利用が多い事から、2月・3月・7月〜9月に利用が集中します。そのシーズンに合宿免許を利用したい場合は、早めの予約が肝心となっているので、長期休み中に用事が無い際は3か月以上前に予約を行っておきましょう。

合宿免許の料金面は、通いの教習所より安価に設定している事が多くなっていて、多くの合宿ではキャンペーンを実施しています。



グループ割・カップル割・早期割といったキャンペーンを行っているので、周りに免許未習得の友人がいる場合は誘ってみると良いでしょう。

合宿のメリットとして代表的な点は、技能教習や各種検定をクリアできなかった際の保証オプションを導入しているケースが多い事から、運転に自信が無くても最後まで超過料金を気にする事無く教習を受ける事が出来ます。



なお、保証は合宿免許によって異なっていますので、事前に確認しておく事も大切と言えます。

合宿が終わって卒業をすると免許センターでの最終筆記試験を受験しますが、合宿は半月前後にわたって集中して運転・学科に取り組む事が出来ますので、その間に持参した参考書を使って筆記試験対策を行っておく事も一発合格のコツと言えるでしょう。